1. TOP
  2. お出かけ・旅行
  3. 赤ちゃんの温泉デビューはいつから?やさしい温泉選びのコツとは!

赤ちゃんの温泉デビューはいつから?やさしい温泉選びのコツとは!

出産後、赤ちゃんと家の中で過ごす時間が多くなりますよね。大好きな赤ちゃんを連れて近所の公園にお散歩に行くのも幸せだけど・・・

たまにはいつもの生活空間から離れて、ちょっと遠くにのんびり旅行でもしたいな。

なんて考えたとき、育児に奮闘するパパもママも、心も身体もゆっくり休めるとなると、やっぱり「温泉」!

紅葉がきれいな季節の露天風呂なんて最高♡

けど、赤ちゃんはいつから温泉に入れるの?

赤ちゃんとの温泉デビューを考えるパパやママが知っておきたい、赤ちゃんにやさしい温泉の選び方をご紹介いたします。

赤ちゃんと温泉デビュー!赤ちゃん・子供のためのマナー&注意点

赤ちゃんと温泉デビュー!周囲のお客さんのためのマナー&注意点

赤ちゃんはいつ(月齢)から入れるの?

生後1ヶ月は自宅でベビーバスを使っての沐浴をすすめられる赤ちゃん。

ママ友の中でも温泉の話になるとまず出てくる「温泉はいつから入れるの?」という疑問。

いろいろな雑誌を見ても、小児科の先生にお伺いしても、これには本当に様々な意見があるようです。

基本的には、いつまでがダメでいつからはイイ!といった決まりはないようですが、「入ってはいけない時期」から考えてみるとよい気がします。

あくまでも私の主観ではありますが。

まず、沐浴をする時期である1ヶ月が過ぎ、へその緒が取れてしっかり乾燥していることが衛生面から考えての最低条件だと思います。

そして、パパもママも赤ちゃんも、ちゃんと楽しめるようになるのは、赤ちゃん自身が一定の時間一人座り出来るようになってからかと思います。

首がすわれば大丈夫、という意見も耳にしますが、慣れない大浴場で1人で赤ちゃんも入浴させることは、とても難しいと思います。

ちなみに我が家は、6ヶ月でしっかりお座りで待てるようになった頃、私の母親と3人で温泉に入ったのが、娘の温泉デビューでした。

温泉選びのポイント1【泉質&温度】

温泉 けむり

小さな赤ちゃんのお肌はとっても繊細です。

まず、刺激の強い「強酸性」(蔵王や草津などPH値の高い温泉)は大人でも少しピリピリするような泉質はおすすめしません。(PH値が低いほど、赤ちゃんにはやさしい泉質と言えます)

また、匂いの強い「硫黄泉」も、慣れない赤ちゃんにはあまりリラックスできるものではないかもしれません。

そしてなにより、「熱いお風呂」には要注意!!!

赤ちゃんには、少しぬるいくらいのお風呂がおすすめです。

おすすめは「単純温泉

含有成分が一定量に達していないため泉質名がついていない温泉のことです。

温泉としての価値が低いような、なんとなく安っぽいイメージを持たれるかもしれませんが、単純と言っても成分がひとつとは限りません。

温泉としての効果もしっかり期待できます。

肌への刺激が少ないため、赤ちゃんからお年寄りまで、皆さんでお楽しみいただけます。

温泉選びのポイント2【入浴制限】

温泉施設によって「オムツが取れていない乳幼児の入浴は禁止」「○歳以下の入浴は禁止」など、入浴制限のある温泉も少なくありません。

楽しみに計画したのに行ってからガッカリ・・・なんて事のないように、事前確認を忘れずに

温泉選びのポイント3【施設&設備】

脱衣場にも必ずベビーベッドや、赤ちゃんの着替えスペースが確保されているとは限りません。バスタオルを床に広げて着替え、なんて様子も時々目にします。かという私も経験済みです。

同性の同伴者がいない場合、設備はとっても重要。最近では大浴場にベビーバスやベビーチェアなどが用意されている施設も少なくありません。

デビューはパパと一緒に家族風呂や貸切風呂などを利用して、みんなで赤ちゃんの温泉デビューを楽しむなんていうのもおすすめです。

まとめ

温泉 紅葉

以上、赤ちゃんにやさしい温泉選びのポイントを紹介してきました。

とても嬉しいことに、赤ちゃん歓迎や赤ちゃんプランのある宿泊施設も増えてきました。オムツや離乳食にまで対応してくれるプランも少なくありません。

赤ちゃんに健康上の心配がなければ、時期の制限があるわけではありませんので、パパとママの心掛け次第で早い時期からの入浴も可能です。

温泉選びから、赤ちゃんの温泉デビューをパパもママも、みんなで楽しみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

赤ちゃん 温泉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!