1. TOP
  2. お出かけ・旅行
  3. 赤ちゃんと温泉デビュー!赤ちゃん・子供のためのマナー&注意点

赤ちゃんと温泉デビュー!赤ちゃん・子供のためのマナー&注意点

赤ちゃんとの温泉デビューを計画したら、あとは荷物と心の準備!

初めての赤ちゃん連れの温泉は、心配事がいっぱい。

温泉でリラックスして、パパもママも赤ちゃんも、そして周囲の方々も、みんなで楽しい思い出をいっぱい作りたい。

そんなパパとママが知っておきたい温泉での「赤ちゃんのためのマナー&注意点」とは?

赤ちゃんと一緒に楽しむためのコツをご紹介します。

赤ちゃんの温泉デビューはいつから?やさしい温泉選びのコツとは!

赤ちゃんと温泉デビュー!周囲のお客さんのためのマナー&注意点

持っていくと便利なもの

大きめのバスタオル

タオル

湯上りの赤ちゃんを包んであげるだけでなく、脱衣所にベビーベッドの用意がなかった時に大活躍。

床や椅子に敷いて、着替えなどのスペースを作るために役立ちます

ベビーソープ

ソープ

まだ、肌の弱い赤ちゃん。

大人用の石鹸は少し刺激が強いかも。

心配なパパとママは、いつも使っているベビーソープ・シャンプー・ローション等の育児グッズも用意しましょう。

お気に入り

いつもお風呂で使っているガーゼやおもちゃ。

赤ちゃんのお気に入りのものがあると、慣れない環境でも、なんとなく安心できるかもしれませんね。

水分

お風呂上りは、想像以上にのどが乾きます。

水分補給は忘れずに!

小銭

自動販売機で購入できるものが飲める歳ならば、小銭を持っていると、いざという時にとっても便利です。

入浴前

慣れない長距離の移動で、赤ちゃんも疲れているはず。

温泉やホテルに到着したら、お風呂の前にまずはゆっくり休みましょう。

旅館やホテルの客室には、お茶とお茶菓子が用意されていますよね。

これには、水分補給と貧血を起こさないためのエネルギー補給の意味があるそうです。

入浴前の赤ちゃんにも、水分補給と少しのおやつでお風呂の準備をしましょう

入浴のタイミング

家族風呂

貸切風呂や家族風呂であれば、赤ちゃんのお昼寝やごはんのタイミングと相談して入浴すればOKです。

大浴場など他のお客さんと一緒の場合は、昼間など比較的空いている時間帯を選ぶといいでしょう。

明るくてパパもママも赤ちゃんも、安心してゆっくり入浴できるでしょう。

浴室の中での移動は足元に注意!

温質によっては、床がヌルっとしていたり、足元が滑りやすくなっていることが少なくありません。

赤ちゃんを抱っこしての移動は、いつも以上に細心の注意を!

また、浴槽の周りは石畳のようになった温泉が多くみられます。

ハイハイやヨチヨチ歩きの赤ちゃんの移動は、いつも以上に足元が不安定になるため、気を付けて見てあげましょう。

入浴方法

赤ちゃんは、熱いお湯は苦手です。

「熱いお風呂」には要注意!

ベビーバス等の用意がある施設では、すすんで利用しましょう。

赤ちゃんには、少しぬるいくらいの温度がおすすめです。

また、赤ちゃんの長風呂は避けましょう。

大人が思ってる以上に、赤ちゃんはすぐにのぼせてしまいます。温まったら風呂おけにお湯をくんで遊ばせてあげるなど、長風呂を避けて楽しい時間を過ごす工夫をしましょう。

まとめ

温泉

以上、赤ちゃんと一緒に温泉を楽しむためのマナー&注意点についてまとめました。

慣れない環境に不安を感じるのは、パパママ以上に赤ちゃんは不安を感じているものです。

ですが、リサーチをしっかりと行うことで、みんなで十分に楽しむことができます。

練習を兼ねて、赤ちゃん歓迎のプランを探して温泉デビューもいいでしょう。

入浴の際には、他のお客さんへの配慮やマナーも忘れずに、みんなで素敵な思い出をたくさん作りましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

草津温泉 足湯1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!