1. TOP
  2. 産婦人科の選び方!施設別に徹底分析!総合病院?個人病院?

産婦人科の選び方!施設別に徹底分析!総合病院?個人病院?

「え?もしかして赤ちゃんできたかも♡」

妊娠がわかったら、まずどこでお産を迎えるかを考えます。

 

妊婦健診から産後の健診までながーくお世話になる病産院には、様々な種類がありますが、

「総合病院・大学病院」「個人産院」「助産院」など、施設によって特徴やメリットは異なります。

 

自宅から近いから!評判がいいから!だけでなく、

それぞれの特徴を知ったうえで、

自分のスタイルに合った病院を選ぶことをオススメします。

 

では、病院の種類別に、メリットからデメリット、

選び方のコツまでまとめて徹底的に解説します!

総合病院:出産リスクを抱えるママも安心

総合病院

産科医のほかにも、複数の科の専門医が常に揃っていて、

ベッド数は100床以上あり、出産リスクを抱えるママにも対応しています。

 

もちろん、先生や看護師さんの知識や技術も、様々な症例を数多く見ている分、

やっぱり個人病院に比べるとレベルが違うと感じます。

 

出産時にトラブルがあった場合、助産院や個人産院などからの緊急搬送先にもなります

 

特徴

産科以外の診療科目も多く、

合併症や新生児の異常にもすぐに対応できるので安心ですね。

 

NICU(新生児集中治療室)などの施設も充実しているため、

双子以上の多胎妊娠・高齢出産・切迫早産・肝臓疾患などの持病・甲状腺異常など、

出産に置いてリスクが高いママにはとても向いていますね。

 

デメリット

一方で、出産方法が選べなかったり、立ち合い出産が認められない、

母子同室・別室かは病院の方針に従う必要があります。

 

また、医師が多いために、検診のたびに担当医が変わることや、

患者さんも多いため予約していても待ち時間は長くなりがちで、

それなのに診察時間は短いなどのデメリットもあります。

 

こんなママにオススメ

・高齢出産や切迫早産、逆子や前置胎盤
・血圧や糖尿病、子宮筋腫などの持病がある
・多胎妊娠など、出産に置いてリスクの高いママ

大学病院:高度な医療機器が揃う

大学病院

大学に付属している病院のことで、一般的な総合病院に比べて、

医療機器も充実しているため、高度な医療が受けられるのが魅力です。

 

特徴

総合病院と同様、複数の科の専門医が常に揃っているため、

緊急時にも最後までその病院での対応が可能です。

NICUをはじめ、高度な医療が充実しているため、

万が一の時を考えると、赤ちゃんにもママにも安心できる病院でしょう。

 

デメリット

一方、総合病院と同様、出産方法が選べなかったり、

立ち合い出産が認められない、母子同室・別室かは病院の方針に従う必要があります。

 

高齢出産も増えている中、リスクの高い妊婦さんにも人気があるため、

予約が取りにくいという病院も多いようです。

 

また、大学との繋がりがある、教育機関としての役割を果たすため、

診察や分娩に研修生や学生が立ち会うということも少なくありません。

 

こんなママにオススメ

・高度な医療を希望する
・高齢出産や切迫早産、逆子や前置胎盤
・血圧や糖尿病、子宮筋腫などの持病がある
・多胎妊娠など、出産に置いてリスクの高いママ

産科専門医院(産婦人科病院):妊娠・出産の専門家が揃う

待合室

お産を専門に扱うため、診察科目は産科・婦人科に限定されています

妊娠・出産専門の医師をはじめ、助産師・看護師が常に揃っています。

 

最近では、障害児や低体重児などにも対応できるNICUが整備されているところも増えてきました。

 

特徴

妊娠・出産の専門医が集まっていて、設備が充実しています。

トラブルにもスムーズに対応してくれますし、分娩方法も病院によって様々です。

 

総合病院や大学病院に比べて医師の人数が少ないため、

健診から出産まで同じ医師が担当してくれることが多いです。

 

看護師さんとのコミュニケーションも取りやすく、

マタニティビクスや栄養指導などを実施していることが多く、

他のママとの繋がりも期待できます。

ベビーマッサージやママサークルなど、産後の支援が充実しているのも特徴で、

アットホームな出産を希望するママにおすすめです。

 

デメリット

しかし、妊娠・出産時のトラブルには全てが対応できるわけではないため、

緊急時は大きな病院への搬送が必要になることもあります。

 

こんなママにオススメ

・妊娠中のトラブルが心配
・他のママとのつながりが欲しい
・高齢出産だけど比較的アットホームな環境を選びたい

個人産院・クリニック:アットホームでサービスが充実

超音波

 

産科医が個人で開業した病院で、入院ベッド数が20床以上あると「病院」、

19床以下になると「産院・クリニック」という扱いになります。

 

出産方法・設備・サポート・食事など、

産科専門医院よりサービスが個性的なのが特徴です。

 

緊急時に備えて高度な医療が充実した病院とのつながりがあり、

必要によっては提携病院へ転院になることもあります。

 

特徴

地域に密着した産婦人科医が健診からお産まで見てくれる、

アットホームな雰囲気があります。

 

無痛分娩・水中分娩・フリースタイル分娩(好きな体位でのお産)など、

出産スタイルにこだわりたいママにもオススメです。

 

また、個室にはシャワー・トイレ付き、産後には家族も一緒に泊まれたり、

レストランのような食事の用意があったりと、

充実したサービスを受けることができるのも特徴です。

 

大きな病院に比べ、個室の用意も多いため、

家族でゆっくりと過ごしたい方にはとっても嬉しいですね♡

 

デメリット

産科専門医院と同様、緊急時には設備が対応しきれないことも多いため、

緊急時には提携病院への搬送となることもあります。

緊急時の対応方法は事前に確認しておきましょう。

 

こんなママにオススメ

・アットホームな出産がしたい
・出産スタイルにこだわりたい
・ホテルのようなちょっとステキなサービスを受けたい

助産院:母のようなアットホームで自然な分娩

ぬいぐるみ

助産師が個人宅で、ベッド数9床以下で開業している、

正常分娩を介助する施設です。

 

助産師には医療行為を行う資格はないため、

妊娠経過が順調で、かつ正常分娩の可能性が高いとされるママに限られます

 

逆子(骨盤位)・帝王切開手術を受けた・頻産婦(5回以上)・多胎(双子など)・持病があるなどの場合には、助産院での出産はできません

 

特徴

家庭的でアットホームな雰囲気の中で、

ママ・家族の望むスタイルで、

自由にリラックスしてお産ができることが助産院のいちばんの特徴です。

 

また、会陰切開はせず、自然にお産をすすめます

「会陰切開」とは、お産がスタートするときに、

お産を早く進めるために分娩台上で会陰部(腟口と肛門の間)を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置のことで、初産のママでは7~8割に行われる処置です。

 

デメリット

助産院には医師はいません。

 

そのため一切の医療行為が行えないというリスクがあり、

トラブルが起こった時には提携病院に搬送されます。

また、定期的に提携病院にて妊婦健診を受ける必要があります。

 

こんなママにオススメ

・出産スタイルにこだわりたい
・アットホームでできるだけ自然に近い主産がしたい
・母子ともに妊娠経過が順調 

自宅出産・オープンシステム:自然なお産が第一希望

子供部屋

助産院の中には、自宅出産に対応してくれるところもあります。

 

特徴

大きなお腹を抱えて病院へ移動する必要が無く、

産後もすぐに自宅で過ごせるなどの理由から自宅出産を希望するママもいます。

 

助産院と同様、母子ともに健康で、正常分娩の可能性が高いとされるママに限ります。

 

オープンシステム」という方法もあります。

オープンシステムとは、自宅出産を診ている助産師さんが妊娠中と産褥期(産後6~8週間の母体回復期)は自宅で診てくれます。

出産時のみ、病院の分娩施設を借りてお産することができるシステムをいいます。

 

お産の介助はいつもの助産師さんがしてくれるうえに、

緊急時には病院が対応してくれるようになっています。

 

デメリット

助産院と同じく、一切の医療行為が行えないというリスクがあるため、

助産師さんとよく相談し、納得してからの選択にしましょう。

 

また、オープンシステムも、全ての助産師さんが行っているとは限りません。

事前に確認するようにしましょう。

 

こんなママにオススメ

・医療より家族や自然を優先したい
・なにより自由なお産がしたい
・母子ともに妊娠経過が順調 

まとめ

赤ちゃん

総合病院大学病院は、

持病がある場合や出産時の急変にもスムーズに対応でき、

新生児の様態の急変にもスムーズに対応してくれるので安心です。

また、新生児室があるので、産後はゆっくりと休めることが多いようです。

 

しかし、出産スタイルが選べないことや、

待ち時間が長いこと、

健診と分娩で担当医が変わることも多いというデメリットがあります。

 

産科専門医院個人産院クリニックは、

出産するママが一番多いのはこの選択肢ではないでしょうか?

 

出産時のリスクが高くなく、正常分娩を迎えられそうであれば、

とてもバランスがいいでしょう。

大きな病院に比べると、とてもアットホームでサービスも充実しています。

 

助産院は、自然で自由なお産を希望できることがなによりの魅力です。

 

助産師さんとも密な関係になれるため、お母さんの様に気軽に何でも相談できます。

体調管理や運動指導などもしてくれるため、

気持ちがとても安定してお産を迎えられるという声も多く、

順調に出産を迎えられそうなママには魅力的な選択肢です。

 

しかし、医療行為や健診、様態の急変に対応できないことが最大のメリットです。

 

このように、病産院といっても施設ごとに出産のプロセスや考え方、

方針や設備など、さまざまなスタイルがあります。

 

妊婦健診から、お産からの入院生活、産後の健診まで、ながーくお世話になる病産院。

自分がどんなお産がしたいか、何を重視するのかをじっくりと考え、

安心して通うことのできる、自分に合った病産院を選べますように♡

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

コウノトリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!