1. TOP
  2. ハンドメイド
  3. お風呂でも遊べる!手作りカードで名前や色を覚える!

お風呂でも遊べる!手作りカードで名前や色を覚える!

6ヶ月からベビースイミングに通っている娘。

1歳になった頃にはヘルパーを付けて一人でプカプカと浮いて、ぎこちないバタ足でなんとかゆっくりと移動しています。

そんな娘がお気に入りのプールでの遊び。

たくさんの魚のイラストを、水中を移動しながら大きなスポンジにペタペタと貼るゲーム。

初めて遊んだ時から、目の色を変えて喜んでいたので、「これいい!」と、自宅に帰ってから自分で作れないかな?

ということで、作ってみました。

材料

ラミネーター 材料

・好きな絵・数字・名前 など
小さいお子様には、好きなキャラクターや、色がはっきりしたものや、食べ物など、身近にあって、これから覚えて欲しいものなどがおすすめです。

・ラミネーター
お安いものであれば1,000円台から購入できます。
1台持っていると、思いのほか使えます。
お気に入りの写真や、子供の文具など、我が家では大活躍!

・ラミネートフィルム
ホームセンターなどで数百円から購入できます。
100均などでもお取り扱いがあるので、少量でいい場合は100均などでも十分です。

作り方

ラミネート 作成中

イラストを印刷または切り抜き

カードにしたいイラスト印刷します。

ご自宅にプリンターがない場合は、もちろん雑誌の切り抜きなどでも結構です。

完成したものは透明なフィルムに覆われて、両面が利用できるので、キャラクターの裏には名前や色を書いて、言葉の学習につなげていくことも可能です。

ラミネートフィルムに挟む

イラストをカードサイズに切り抜き、完成後に切り抜くための余白分を残して、カットした用紙を並べて挟みます。

ラミネートする

ラミネーターの電源を入れて温め、「OK」サインが出たら投入!

フィルムをカットする

ラミネートされたフィルムは、高温のラミネーターを通過してきたため、少し熱くなっています。

お子様が触らないように、ラミネーターの扱いには十分に注意してください!

温度が下がったら、ハサミやカッターで、イラストの周りを好きなサイズでカットしてください。

お子様のケガを予防するためにも、角は丸くカットすることをおすすめします。

完成☆

遊び方

ラミネート ボックス

イラストを見せながら物語を作って話しかけてあげる。

指先を使ってひっくり返したり、箱から箱に移したり、指先のトレーニングになります。

(月齢の小さい頃は、少し柔らかい布団やタオルの上だと、指先がまだ未熟でも、比較的遊びやすいようです。)

イラストや文字を合わせることで、言葉の習得につながります。

月齢合わせて、数字などを使って算数のお勉強にも使えます。

フィルムで加工しているため、お風呂などで壁に貼ったり、水中でも利用できます。

まとめ

子供の成長はとても早く、好きなものや、興味のあるものも日に日に変化します。

同じように遊べるものは、店頭でも購入できるのかもしれませんが、その時の子供が興味のあるものを、サッと用意してあげることが出来ること。

そして、興味のあるものだからこそ、手作りにより愛着を持ってくれること。

低コストでこんなに幅広く遊べるなら、とっても素敵だと思います。

ちょっとひと手間、パパやママの時間で、子供を想いながら手作りしてみてはいかがですか?

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

ハンドメイド おもちゃ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!