1. TOP
  2. 子育て・育児
  3. おもちゃは本当に必要?2歳の女の子から学ぶ「遊び」と「大好き」

おもちゃは本当に必要?2歳の女の子から学ぶ「遊び」と「大好き」

「おもちゃ買わないの?」

ママ友によく聞かれる質問のひとつ。

もちろん子どもの喜ぶ顔は見たいし、お友だちのおもちゃに興味を示す姿を見ていると、何か買ってあげたいと思うことももちろんあります♡

ですが、子どもが飽きずに長く遊ぶものってなに?

そんな疑問から2歳になる娘から学ぶ「遊び」を考えてみました。

お絵かき

お絵かき

お絵かきを始めた頃は、コピー用紙の裏紙に喜んでクレヨンをはしらせていました。

時にはカレンダーや新聞、模造紙などの大きな紙におもいっきり大胆に☆

それが、1歳半くらいからはノートを選ぶようになりました。

必ずバッグの中にはノートとペンのセット!

どうして1枚の紙ではなく、ノートなの?と考えてみると・・・

私も主人もメモを取ることが多く、基本的にノートを使っていることが多いこと。

「あーこれもまたそのマネっ子ね!」と思っていました。

しかしそれだけではないらしく、そこに書いたものが残っていくことや、ノートに名前を書いてあげたことで、「〇〇の!」と自分のもの!という想いなどもそこにはあるように感じます。

そして、驚くことにそのノートの中の絵を指さしながら、誰が書いてくれたかを説明してくれます!

子どもって、私たちの想像以上にたくさんの物を見て、一つひとつしっかりと吸収しているんだなーと感心します☆

ちょっとアンバランスなうーたんやアンパンマンも、子どもにとっては大傑作☆

ノートだったらキレイに残しておけそうだから、もう少し大きくなったら、振り返って一緒に笑いたいな♡

お絵かきで右脳を刺激!巨大お絵かきで表現力がぐんぐん伸びる

ママごっこ(ままどと【育児】)

抱っこ

1歳半くらいから、急に始まったママごっこ。

愛情を注ぐことや、やさしい心が育つ、誰もが通る遊びのひとつ♡

始めはお人形にタオルをかけてトントンしながら「ねんねーねんねー」。

気が付けば、家中のお人形がタオルをかけて並んでいることもあります。

そして、背中には大きなぬいぐるみ。

ご飯の時間には隣にイスをもう一つ。

「あーん!」と言いながらぬいぐるみにもパクパクさせるため、ぬいぐるみの口にはご飯粒・・・

大好きなぬいぐるみのにゃんにゃんは、なぜかいつもおむつを履いて座っています♡

「お洋服着ようねー」と言っても、差し出されるのはぬいぐるみ・・・

自分が着る前に必ずぬいぐるみに着せるのが娘のお約束!

それがわかってからは、どんなときにも必ず2択作戦!

「はい。にゃんにゃん(ぬいぐるみ)どっちー?〇〇(娘)どっちー?」これがお決まりです。

そんな娘を見て、忙しいときには面倒に感じたりイライラしちゃうこともあるけど、こんな姿もこれまた本当に愛おしくて♡

今は私が実際に使っていたスリングを短くしたり、巻き方をアレンジして抱っこしたりおんぶしているぬいぐるみ。

ママごっこ用に抱っこ紐でも作ってあげたいな、と考え中♡

ママごっこ(おままごと【買い物・料理】)

ままごとセット

お買い物もまな板トントンも大好き!

「お出かけしようねー。お買い物行こうねー。」と、私たちが準備を始めると、せっせと準備をはじめます。

着替えが済むと、トートバッグに必要なものを準備して「いこー!!」と靴を選んで玄関で待ちます。

時には右手にも左手にも背中にもバッグ・・・

バッグを下げて出かけるのが娘のスタイルのようです。

そして、バッグの中には・・・ノート・おもちゃのお財布・おままごとセットの野菜♡

最近はスーパーでもエコバッグを利用することが多いので、バッグの中に野菜!というのが娘の中ではお決まりのようです!

そして、家の中では私がキッチンに立つと、小さなテーブルを持ってきては私の足元に座り込んだり、冷蔵庫を開けたり・・・それが結構邪魔だったりするので(邪魔とか言ってごめんね♡)。

木でできた野菜セットを買いました。

それからは、キッチンの足元は変わりませんが、私が食事の支度を始めると、一緒に床でトントンしています☆

そのため、子どもが参加できる作業は一緒に♡

ボールで混ぜたり、餃子を包んだり、型を抜いたり、触っても危なくない作業は汚れること覚悟で一緒に行うようにしています

我が家の納豆を混ぜる作業は娘が担当!

「おいしくなーれ!おいしくなーれ!」と呪文をかけながら♡

もちろん、必要以上に大きな器の中で・・・

洗い物はちょっと面倒だけど、娘は大喜びで今日も呪文を唱えます☆

そんな楽しそうな姿を見ていて、ずっと思っています。

絶対欲しい!おままごと用の可愛いキッチン!

積み木(ブロック)

積み木

1歳になる頃、プレゼントでいただいた積み木!

積み木は、集中力や想像力が養われる、知育玩具としても代表的なおもちゃのひとつ☆

子どもは積んだり崩したり、何でも繰り返すことが大好きです。

始めは箱から出したり、入れたりの繰り返し。

それがだんだん並べる・積む・崩すことができるようになって、形や色の区別が付くようになりました。

そして時には、冷蔵庫やドレッサーから出てくることも・・・

きっと、野菜をしまう姿を見たり、お化粧をする姿を見て、子どもなりに真似してるんでしょうね♡

まとめ

カメラ

お友達によく言われる「おもちゃ買わないの?」

もちろん、大きな声で「買います!」

ここで話したおままごと用の野菜・積み木・他にもストラーダーやぬいぐるみなど、子どものために用意したものはたくさんあります。

ですが、飽きずに長く使えて、生活に直接結びつくものを選ぶようにしています

そのため、子どもがその時喜ぶキャラクター物などは、手作りのおもちゃに取り入れたりしながら、子どもの好奇心を刺激するようにしています。

ノート・食器・洗濯バサミ・ハンガー・バッグ☆

大人のマネっ子が大好きな時期で、その時気に入って買ったおもちゃより、生活の中にあるものを使って遊んでいることの方がずっと多いように思います。

だったら、それに越したことはない!!!

ということで、できる限り生活の中にあるものを組み合わせた遊びで、子どもの生活の知恵を伸ばす手助けができたらいいな♡と、2歳になる娘を見ながら子どもの遊び方を考える今日この頃です。

創造力・集中力アップ!1歳からの【段ボールで知育パズル】の作り方

洗濯バサミで簡単知育玩具!子供は大人が使うものに興味津々!

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!