1. TOP
  2. お出かけ・旅行
  3. 動物園で免疫力がアップするって本当?動物園デビューはいつから?

動物園で免疫力がアップするって本当?動物園デビューはいつから?

「赤ちゃんを動物園に連れていくと、免疫がついてアレルギーになりにくい!」

そんな話を聞いたことがある方も多いのでは?

かという私も、妊娠中から何度となく聞いていたもので、我が家の動物園デビューは生後4ヶ月でした。

生き物や自然と触れ合うことは、子供のワクワクやドキドキする心を育みます。

動物園は、赤ちゃんから大人まで、みんなが楽しめる定番スポット☆

免疫力アップのうわさはどこから?

NHK アレルギー

20081123日に放送された、NHKスペシャル『病の起源 第6集 アレルギー ~2億年目の免疫異変~』がうわさの出どころのようです。

この番組内で、

・南ドイツで、農家と非農家のホコリから「エンドトキシン」と呼ばれる細菌成分の量を調べたところ、それが多い農家の家庭で育った子ほど、花粉症と喘息を発症しなかった

・乳幼児期にエンドトキシンにさらされることが少ないと、免疫システムが成熟せずアレルギー体質になりやすい

・エンドトキシンの最大の発生源は家畜のフン

と、説明されていました。

よって、乳幼児期にエンドトキシンの発生源に近づけることを目的として、ママたちに話が伝わった結果・・・

『赤ちゃんを動物園に連れていくと、免疫がついてアレルギーになりにくい!』となったわけです。

その他の情報源

ゾウ 看板

先ほどの「エンドトキシン」以外にも、

・ペットを飼う家庭で育つと、感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減る

・都会育ちの子はアレルギー体質の子が多く、田舎育ちの子はアレルギー体質の子は少ない

・無菌では免疫力は養われず、雑菌の多い環境に慣れるほうが病気になりにくい

など、動物との接触や生活によって、免疫力が変わるという話は多く耳にします。

動物園デビューはいつから?

動物園 水槽

【2ヶ月~小学校就学ころ】

これらの情報を踏まえて、番組内での「乳幼児期」という言葉から考えてみました。

乳児:出生から満1歳未満

幼児:乳児期満了(満1歳)から学齢(小学校就学)まで

・上記のように児童福祉法で定められていること

・産院で「生後1ヶ月くらいは自宅での生活を」と話を聞くこと

・動物園へ行ってはいけない時期が定められていないこと

これらから、赤ちゃんが外出できるようになる【生後2ヶ月】から、動物園デビューは可能であると考えます。

もちろん、首がすわらない時期は、長時間の車や電車での移動をはじめ、園内を長時間歩き回ることは、赤ちゃんにとってもパパやママにとっても、楽なものではありません。

そのため、それぞれのご家庭に合ったスタンスで、動物園デビューの計画を立てましょう。

過度な除菌はNG

数回、動物園に連れて行ったくらいでは、免疫力のアップに直接影響はしない。

という専門家の話もあるようで、動物と一緒に暮らしたり、動物園の中に住むくらいの接点を持たなければ、免疫力のアップの期待は難しいというのが現状のようです。

ですが、いままでの情報から考えると、子育てをしていくうえで除菌!除菌!となり過ぎなくてもいいのでは?という結果につながりました。

今は、どこに行ってもなにからなにまで「除菌」という生活が当たり前になりつつありますが、子供には適度に汚れて、自然の中でのびのびと、力いっぱい成長してほしいものです。

まとめ

像 赤ちゃん

赤ちゃんを動物園に連れていくことで、免疫力がアップする!

というのは、少し大きく期待しすぎているようで、「動物園にたくさん行って、アレルギーにならなかったらラッキー☆」くらいの考え方のほうがよさそうですね☆

子供のために、動物園に連れて行かなくちゃ!とか、〇〇をしてあげなくちゃ!

という目的ではなく、子供と一緒に動物や自然に触れ合うことや、同じ時間をいかに楽しく過ごすか ?そのほうが何倍も大切な意味のように思いました。

動物園には、動物の名前、におい、音、景色など、脳を刺激する新しい情報がいっぱい。

子供と一緒に、パパやママも思いっきり楽しみましょう☆

 動物園におでかけ大成功!赤ちゃんと楽しむ7つのコツ

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

動物園 餌やり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!