1. TOP
  2. 子育て・育児
  3. どうして泣くの?原因を考える、赤ちゃんの泣き6パターン

どうして泣くの?原因を考える、赤ちゃんの泣き6パターン

 2015/04/23 子育て・育児  

突然泣き出して、なかなか泣き止まなくて「どうして泣き止んでくれないのー?」「こっちが泣きたいよ・・・。」と歯を食いしばったこと、子育てをしているパパとママには、経験ありますよね?

そんなパパ・ママ必見!

赤ちゃんが泣き止むためには、泣いている原因を取り除いてあげることが第一。

ですが、言葉にならない泣き声から、原因がはっきりわからず、なかなか泣き止んでくれないこともありますよね。

そこで今回は、その原因について考えてみたいと思います。

赤ちゃんはどうして泣くの?

お話ができない赤ちゃんにとって、泣くことが自分の気持ちや状態を周りの人たちに知らせるための、唯一の手段になるからです。

眠い・お腹がすいた・おしりが気持ち悪いなど、赤ちゃんは不快を自分の力で解消することができません。

そのため、「助けて・守って・なんとかして」というコミュニケーション、時には命綱として、赤ちゃんは『泣く』という手段を使います。

泣くことには、何か原因があるはずです。

気持ちに余裕をもって、頑張って助けを求める赤ちゃんの声に、耳を傾けてあげましょう。

 『泣く』原因・理由

不快泣き(生後すぐ~4ヶ月ころ)

・お腹が空いた
・おしりが気持ち悪い
・ビックリした
・暑い、寒い
・眠い など

生後3~4ヶ月くれいまでの赤ちゃんの場合、生理的な不快によってなくことがほとんどです。

急に抱っこされたり、突然の物音にビックリしたり、赤ちゃんによって快か不快かのラインは違ってきますが、敏感な赤ちゃんも少なくありません。

むずがり泣き(生後2ヶ月~幼児期)

・雨の日のグズグズ
・ずっと同じ姿勢のままでいる
・たそがれ泣き
・夕方になると泣く など

新生児のころに比べて、昼間起きている時間が長くなってくることで、動けないことに疲れたり、退屈に感じたりします。

自分で身動きが取れない赤ちゃんは、「どうにかしてー!」という気持ちから、泣くという手段に出るわけです。

夜泣き(6ヶ月~2歳ころ)

・昼間興奮することがあった
・運動不足
・寝不足 など

夜中急に泣き出し、いつもの方法ではなかなか泣き止まないことも。

夜泣きの場合、原因がわからなかったり、これといった理由がないことも多く、なにより夜中ということで悩まされるパパやママも多いのでは?

寝室でどうにもならない時は、夜中のドライブや抱っこでお散歩に出て環境を変えてみるのも、最終手段としてはありでしょう。

おそれ泣き(5ヶ月~幼児期)

・人見知り
・慣れない環境 など

5~6ヶ月くらいから、ママと他の人との区別が付くようになってきます。また、初めての場所や物に恐怖を感じて泣くこともあります。

いつもと『違う』ということが理解できるようになってきた成長のサインです。

まずは、抱っこや声かけで、赤ちゃんを安心させてあげましょう。

あまえ泣き(1歳~2歳ころ)

・かまって欲しい
・できるけどやって欲しい など

転んだまま、じーっと顔を見て助けを求め、助けてくれないと泣く、代表的な甘えパターン。

いつもなら自分で出来ていることも、してもらいたい。

山のように荷物を抱えているときや、忙しそうにしているときに限って、「抱っこ-!」など、優しくして欲しい・かまって欲しいなどの気持ちから泣くことも。

甘えたい気持ちをしっかり受け止めて、思いっきり抱きしめてあげましょう。

イヤイヤ泣き(2歳~3歳ころ)

・2歳のイヤイヤ
・なんでもかんでもイヤ
・自分でやりたい、決めたい など

魔のイヤイヤ期と言われる、2歳ころから始まるイヤイヤ泣き。

なんでも自分でやりたいし、なんでも自分で決めたいという、甘え泣きとは別パターン。

自立する心が芽生え始め、「好きにさせて欲しい」という気持ちからイヤイヤが始まります。

ですが、ほっとかれすぎるのもイヤなので、適度に自分で選ばせてあげたり、イヤという気持ちを受け入れてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの泣き声には様々なパターンがあります。

どの場合も、赤ちゃんの心が成長していく過程では、避けて通ることはできないものです。

日々変化する赤ちゃんの泣きパターンを、赤ちゃんの成長を見守ることが出来ることのへの幸せ☆と切り替えて考えてみてはいかがですか?

泣き続ける赤ちゃんを目の前に、ママの気持ちは「いつまで続くの?どこか痛いのかな?わかってあげられなくてごめんね。」など、不安や焦る気持ちが先行してしまいがち。

私も「こっちが泣きたいよ・・・」と、一緒に涙したこともありました。

きっと、そんな不安な気持ちや、1秒でも早く寝て欲しいという焦る気持ちも、赤ちゃんに伝わっていて、それが赤ちゃんの睡眠を余計に妨げていたのかな?と、冷静になると考えられます。

ママの不安や焦り、イライラは、きっと赤ちゃんにも伝わります。

いつもの決まった方法で必ず泣き止むとは考えず、赤ちゃんの気持ちに寄り添い、気長にお付き合いしてあげましょう。

どうして泣くの?対処法を考える、赤ちゃんの泣き6パターン

\ SNSでシェアしよう! /

育児ママの笑顔をつくる! よくママの注目記事を受け取ろう

赤ちゃん 泣く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児ママの笑顔をつくる! よくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!